注文住宅の予算決めから引き渡しまでの大まかな流れを知ろう!

公開日:2022/10/01  最終更新日:2022/10/05

引越し

家族の思いやこだわりを住まいに反映するなら、建売りよりも注文住宅がおすすめです。多くの人にとって、注文住宅を建てることは一生に一度の大きな買い物なので、失敗のないように準備をしたいですよね。ここでは注文住宅の基本知識として、予算決めから引き渡しまでの大まかな流れをご説明します。情報収集の第一歩としてお役立てください。

注文住宅の予算決めから引き渡しまでの大まかな流れ

まずは予算を決めるところから、引き渡しまでの流れを項目ごとに確認しましょう。

予算の想定と住みたい家のイメージ

自己資金を確認したらローン総額を試算します。そのうえでモデルルームや実際の家、ホームページなども参考に、建てたい家を詳細にイメージしておきます。

土地探し

最初の一歩は不動産情報サイトが便利です。住みたいエリアと土地代の相場などを確認したら、不動産会社やハウスメーカーにもなどに相談して情報を集めましょう。

建築会社探し

資料だけではなく、モデルハウスや実際に建てた家を見て、イメージに合うところを選びます。

間取りの設計と見積

候補を数社に絞り、間取りや設備の希望をある程度伝えて、プランと見積りを依頼します。見積が提示されたら細部まで確認し、不明な点は解決しておきます。

プラン・見積依頼と住宅ローンの仮審査

建築会社が決まったら、間取りや設備について納得できるまで、打ち合わせを繰り返し、その都度、見積もりも出してもらいます。この時期には、金融機関を選んでローンの仮審査も申し込みます。

工事請負契約を結びローンの本審査

プランが概ね確定するころに工事請負契約を結びます。さらにプランを詰め、建築許可が下りたら、ローンの本審査を受けて金融機関と契約になります。

着工

事前に近隣住宅への挨拶をしておきましょう。建築中は現場へ足を運び、職人と話したり、進行状況を確認したりします、

完成・引き渡し

住宅が完成し、問題なければ検査済証が発行されます。引き渡し前に不具合がないか、施主の目でも最終チェックをし、気になる箇所は必ず伝え、修正後に正式に引き渡しとなります。

注文住宅の引き渡しまでにかかる期間

ここでは土地探しから引き渡しまでの期間について確認しましょう。

土地探しからのスケジュール

土地探しから始める場合は、遅くとも10カ月前には開始しましょう。希望どおりの土地がすぐに見つからず、ある程度の時間がかかるものだと思っておきましょう。

土地が決まっている場合

家を建て直すなら解体工事の手配や作業を考慮し、1年半から1年前には計画を開始します。土地を譲り受ける場合は、地質調査や土地改良が完了する期間を考慮して、1年から10カ月前には計画を開始しましょう。

土地探しにかかる期間

土地探しには、少なくとも数週間から3カ月程度が必要です。1カ月以内など、探す期間を設定しておくと決めやすいでしょう。

ハウスメーカーとの契約までの目安

打ち合わせに進む段階でも23社程度に絞り込んで相見積りを取り、比較して大まかなプランと予算を決めます。完成から810カ月前には仮契約を結べるようにしましょう。

ローンの申し込み

プランが進み借入金額が出た段階で、ローンを申し込みます。ローンの申請手続きは複雑ですが、ハウスメーカーの担当者が代行してくれることが多く安心です。

着工から完成までの期間の目安

着工から完成までは約34カ月程度かかります。着工前の段階で、細かい点まで決定しておき、変更したい場合には早めに担当者に伝えます。

竣工から登記、引き渡しまでの期間

竣工後、引き渡しまでは1カ月程度。この期間にローンの決済や登記を済ませます。完成した建物の状況を細かくチェックし、不備があれば引き渡しまで、更に1カ月程度かかる場合もあります。

注文住宅の支払いスケジュールをチェック!

ここでは注文住宅の支払いスケジュールや住宅ローンについて確認しましょう。

支払いスケジュール

建築費は建築会社が指定した条件に応じ、3~4回に分けて支払うのが一般的で、下記のような費用の割合やスケジュールを提示されることがあります。

・仮契約…100万円

・工事請負契約…工事費用の10%

・着工…工事費用の30%

・着工から竣工までの間…工事費用の30%

・竣工…工事費用の30%

住宅ローンについて

住宅ローンは竣工のあと正式に融資がスタートしますが、竣工までの期間にも上記のように支払いは発生します。その際自己資金で支払えない場合に利用するローンをつなぎ融資と呼びます。つなぎ融資の金利は住宅ローンより高く、融資期間に応じて日割りで利息が発生します。

悪天候や不測の事態で工事の進捗が遅れ、融資期間が延びることも想定して、余裕を持った資金計画を立てましょう。住宅ローン実行の段階で、つなぎ融資は完済という流れになります。

また、住宅ローンを選ぶ際は金利、保証、手数料、特典など注意するポイントがいくつかあり、手続きも慣れないと難しく感じるかもしれません。住宅ローンを組む際には、経験豊富な建築会社の担当者に相談しながら進めるとよいでしょう。

まとめ

請負契約を結んで進めていく注文住宅の建築は、ほかの買い物と違って慣れないことばかりです。せっかくマイホームを建てるなら、間取りや設備の打ち合わせに納得できるまで、時間が取れるよう、全体のスケジュールは押さえておきたいですね。ローンも含め、わからないことは担当者に確認しながら、丁寧且つテンポよく進めるようにしましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

木造りの家フォーユー(株式会社フォーユー) 住所:大分県日田市上津江町川原3815-7 TEL:0120-404-315 大分県に本社を置くフォーユーは、土地探しのサポートから設計・施工まで
続きを読む
マイホームを建てようと思ったとき、どのような建築方法にしますか?主に鉄骨や木造などが挙げられます。総務省の平成20年度の調査では、約6割の住宅が木造建築で建てています。木造住宅を選んだ人、選
続きを読む
最近は注文住宅を建てるにあたって、平屋住宅を選択する人が増えているそうです。一般的には2階建ての家が多いなかで、なぜ今平屋が注目されているのでしょうか。ここでは平屋のメリットとデメリット、平
続きを読む