注文住宅が完成するまでの期間とは?建築の流れを解説

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/09/04

どのような家を建てるのかによって家が完成するまでの期間が異なります。注文住宅の広さや工法、デザインなどによって期間は異なり、こだわりが強ければ強いほど完成までかかる時間は長くなります。では、注文住宅が完成するまでは、一般的にどれくらいかかるのでしょうか。注文住宅を建築する場合の注意点も含めて流れなどを解説しましょう。

注文住宅が完成するまでの期間

建売住宅と異なり、注文住宅が完成するまではに時間がかかります。なぜなら、注文住宅ではこだわりをもつ人が多く、理想の家を建てるために、土地探しや設計、デザインなどを最初から準備するからです。

おおよそ期間としては8か月〜15か月がかかります。具体的には情報収集からはじまり、予算決めやハウスメーカ選び、土地探し、住宅ローン申請、プラン決め、建築工事など、いろいろな工程があり、こだわるポイントが多かったり、特別な資材が必要だったりするほど期間が長くなります。

土地探しやハウスメーカー選びでも時間がかかる場合があり、たとえ決まっていたとしても需要期によって工事がすぐにスタートできない場合もあるので、注文住宅で家を建てることを決めた場合はなるべく早めの行動を心掛けましょう

とくに入居時期が決まっている場合は、逆算して早めに準備し、スケジュールに余裕をもって住宅づくりをスタートしてください。

問い合わせから完成するまでの基本的な流れ

注文住宅には多くの工程があることを伝えましたが、どのような工程があるのか具体的に紹介します。

情報収集

まずは、どのような注文住宅を建てたいのかイメージを固めるために、情報収集をしましょう。各ハウスメーカーのWebサイトを見たり、資料請求したり、住宅展示場などでモデルハウスの見学会に行ったりして情報を集めることで、家のイメージができます。

住まいに何を求めるかを整理し、間取りやデザイン、設計の優先順位、予算、エリア条件など、住宅のイメージを固めていくことで、業者との打ち合わせもスムーズに進むでしょう。

ある程度イメージが固まれば、過去の建築事例を参考にしながら、自分の年収でどれくらいの住宅ローンの総額を借りることができるのかシミュレーションをして、ある程度の予算を把握しておくことが大切です。

予算を決めておくことで、住宅会社を選びやすくなり、見積りを比較検討するための判断材料にもなるでしょう。この事前準備では1か月から3か月程度かかります

土地探しやハウスメーカー選び

住まいに求める条件にあう土地探しをはじめます。希望するエリアにある不動産屋で土地探しをすることもできますが、ハウスメーカーに土地探しからお願いすることもできます。

土地探しは時間がかかってしまうことがあるので、ある程度期限を決めて探すといいでしょう。建物の予算が決まらなければ、土地にどれだけ予算がかけられるかが決まらないので、土地探しと同時に施工会社も決めておくことが必要です

何社かイメージしている住宅の希望を伝えて見積りを出してもらいながら、一社に絞りましょう。それぞれ金額だけでなく、得意な工法やポイントが異なるので、トータル的に比べて判断することが大切です。

また、見積りをもとにある程度必要な費用を算出し、金融機関へ住宅ローンの事前申請をしておきましょう。どれくらい借入できるか目安がわかるため、設計プランを決める判断材料になります。土地探しからハウスメーカー選びまでの期間は3か月から6か月程度です。

契約

施工会社が決まったら具体的なプランや費用を確定し、間取りや設備の詳細を決定したうえで設計が固まった段階で契約となります。契約と同時に住宅ローンの本申請も進めましょう。

契約完了となったら着工となりますが、着工が始まってからでは設計の変更ができにくくなるので、着工前にしっかりと設計をチェックしておきましょう。この段階では2か月から6か月程度です。

着工

着工が始まる前に、トラブルのリスクを回避するためにも近隣への挨拶が必要です。また、地鎮祭や上棟式を行うかどうかも事前に確認しておきましょう。施工中には現場へ定期的に確認に行くことで、注文住宅に対する愛着も深くなります

着工期間としては3か月から半年程度ですが、台風の時期や大雨の時期など、天候などの理由によって長引く場合もあるので注意しましょう。

引き渡し

住宅が完成したら引き渡し前に内覧と完了検査を行います。そこで不具合がないか最終チェックを行い、問題なければ登記手続きや住宅ローン実行の手続きが行われ、物件の引き渡しとなります。

完成後引き渡しまで約1か月です。

注文住宅を最短で建てる方法

これまでは注文住宅での一般的なスケジュールや流れについてみてきましたが、なるべく早く注文住宅を建てたいと思っている場合は事前準備や計画がとても重要です。

また、数多くの工程があり、すべてが計画通りに行かないこともあるので、その場合の対処法も事前に考えておかなければいけません。どのような方法で注文住宅を最短で完成させることができるのかいくつかの方法を紹介します。

スケジュール作成

新しい住宅にいつから暮らし始め、引っ越しはいつにするかなどを決めて、逆算して完成までのスケジュールを決めておきましょう。スケジュールを決めても計画通りに進まない場合もあるので、ある程度余裕をもった内容でのスケジュール作成が必要です。

土地探しに関しても、土地がすでにあるかどうかで期間も大幅に変わってきます。もし土地をもっていないようであれば、ある程度の期限を決めて土地探しをしましょう。

理想の条件を求めて探し続けるといつまでもなかなか決まらない状況に陥る場合があるので、土地探しにかける期限を決めておき、エリアを含めた優先順位を決めておくことがポイントです

優先順位を決めておく

土地だけでなく、住宅に対してのこだわりポイントにも優先順位をつけておきましょう。すべての希望を叶えられない場合があり、何かを諦めなければいけない可能性もあります。

優先順位をつけていないと、担当者と打ち合わせをしてもなかなか決めるのに時間がかかってしまうので、業者の人と打ち合わせをする前に、事前に優先順位を家族で話し合っておきましょう

また、あらかじめどの部分をこだわりたいのかイメージを共有し、意見をまとめておくことも必要です。

住宅ローンの審査は早めに

土地探しや施工会社決めがスムーズにいったとしても、金融機関が決定しないと住宅ローンの審査が進みません。そのため、注文住宅を建てると決めた段階で金融機関への申込も進めておきましょう。

注文住宅を建てる期間が延びるケース

最短で注文住宅を建てる方法をみてきましたが、逆に建てる期間が延びて時間がかかってしまうケースにはどのようなことがあるのかみましょう。期間が延びるケースを把握しておくことで、その部分を注意することで少しでも時間がかかるのを防ぐことができます。

土地探し

先ほども少し説明しましたが、土地探しが大きくスケジュールに関わるポイントです。希望する住まいを建てることができる土地をみつけるために、半年以上かかる場合があります。たとえば、広さや価格、周辺環境、土地の形状など土地を決めるのに時間がかかるからです。

とくに希望エリアを絞りすぎると、エリア内で条件にあう土地が出てくるまで待つ必要があるので、1年以上かかることもあります

プランの策定

夢のマイホームを建てるのに、つい細かな部分までこだわりたいと思うために、こだわればこだわるほど時間がかかってしまうでしょう。そのため、家族の中では意見を合わせておくことで少しでも時間を短縮することができますが、家族間で意見が異なってしまうと時間がかかってしまうことがあります。

また、予算や設計上の問題で希望の間取りやデザイン、設備にできない場合がありますが、優先順位を決めておかないといつまでも悩んでしまって時間がかかってしまうでしょう。

注文住宅を建てるときの注意点

最後に注文住宅を建てるときの注意点をみておきましょう。

建築会社選び

注文住宅では業者選びは重要なポイントで、自分が住んでみたい家を建てることができる施工会社を見つけたいところです。イメージが明確にあったとしても実際建てる業者がしっかりしていなければ実現しません

建築会社にも種類があります。ひとつは多くの実績があり知名度も高く、安心度抜群のハウスメーカーです。高額な住宅からローコストの住宅まで、いろいろな住宅を取り扱うメーカーがあるので、予算に合わせて選ぶことができますが、個性的なデザインや工法に対応できないこともあります。

一方で、工務店は施工面では柔軟に対応してくれることが多いものの、施工面を中心で行っているところがあるため、設計の提案力が弱い場合もあるでしょう。

建築設計事務所はデザイン性は優れているものの、業者のこだわりが強すぎて施主の好みに合わない場合もあるので注意が必要です。

工期

住宅を建てる場合には、天候の影響を大きく受けます、梅雨や台風の時期などは、どれだけ対策をしていたとしても、施工が進めることができない日も出てくるため工期が遅れることもあります。

スケジュールがずれてくると、工程ごとにおさえていた人材のスケジュールがあわなくなり人材不足になることもあるでしょう。

また、ウッドショックなど建材不足の影響があると着工自体を見合わせる場合もあります。そのため、工期に関しては充分余裕をもったスケジュールで考えておくようにしましょう。

とくに子どもの進学や転勤などによって入居時期が決まっている場合は、なおさら工期が遅れる可能性があることを考えて余裕をもってスケジュールを作成してもらうとよいでしょう

まとめ

注文住宅が完成するまでの期間について、建築の流れも含めて紹介しました。注文住宅は一般的には8か月〜15か月がかかり、情報収集からはじまり予算決めやハウスメーカ選び、土地探し、建築工事など、いろいろな工程があります。注文住宅を建てるためには建築会社選びや工期に関しては慎重に対応しなければいけません。土地探しやプランの策定などで時間がかかる場合があるので、早めに建てたい場合は、優先順位をつけ、スケジュールを作成しながら進めましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

マイホームにさまざまな理想を持つ方は少なくありません。間取りや日当たりの良さ、趣味を楽しめる庭など、理想の暮らしは人それぞれです。 しかし、快適で理想的な暮らしを送るためには、それ以上に「家
続きを読む
マイホームを建てる際は、一般的にハウスメーカーや工務店に依頼します。これらの主な違いは、企業の規模の大きさです。 基本的にハウスメーカーと呼ばれる企業は全国に支店があり、積極的に住宅展示場に
続きを読む
一般的に注文住宅の建築には多額の予算が必要と思われがちですが、実は1,000万円でも素敵な注文住宅を実現することは可能です。この記事では、1,000万円で建てる注文住宅の魅力と家づくりについ
続きを読む
注文住宅関連コラム